上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
じーさんの毎週の外科通いもこれでもうすぐひと月。

文句も言わずばーさんの押す車椅子に乗って、長時間の待ち時間も我慢して、

コルセットも作ってもらって、腰の痛みも幾分引いたようで。

ただ、

「腰の痛みは前立腺からきてる場合もあるので調べた方がいいです。」

と言われて受けた血液検査で、数値が高くて・・・。

「泌尿器科のある大きい病院紹介しますので、行ってきてください。」

と言われたそうで。

「そう言えば前にも前立腺がどうとかで、薬もらって一時期飲んどった時あったわ。」

と言うので、

「それなら、かかりつけのお医者さんに、言っといた方がいいんじゃないの?」

と言ったら、

「なんでそんな事しないかん?」

と言うので、

「だって、かかりつけなんだし、前にも薬もらった事あるなら報告するの当たり前じゃん。

 泌尿器だって、そっちで紹介してくれるかもしれんし。」

「でも、紹介してくれって言ってまったからいかんのじゃないの?」

なんて言うので、

「腰が痛くて初めて行った外科より、かかりつけの先生に聞いた方がいいじゃんか。」

「ふーん、そんなもんなのかねぇ。」

だって・・・、まあ、したいようにすればいいわさ。

いつも何言ったって、自分でこうと決めたらそれしかしないんだし。



で、タイトルの「優しく・・・」なんだけど。

何か用があって普通に話すつもりで部屋に行っても、まずあの臭い。

そして話した事に対してのばーさんの返事聞いただけでムカついて、腹が立ってしまって・・・。

言葉の端はしに爆撃弾がついてて、私の心を狙い撃ちするんだな、きっと。

旦那と話してて、

「普通に話してても、返事にな~んか腹が立って。

 特別怒るような事でなくても、なんかムカついてさぁ、ついつい強く言っちゃって。」

と言ったら、旦那が言った。

「ああ、いるいるそういう奴。俺の知り合いにも。どこにでもいるんだってそう言うやつ。

 空気読めないって言うか、返事の仕方知らないって言うか、返事がトゲトゲしててさ。

 まあ、そういう人だって思って、あんまりカリカリしない事だって。」

そうなんだよね、いちいちイライラしてたらキリがないんだよね。

でもねぇ~、ダメなのよ、性が合わないって言うか、顔見てるだけでイライラするっていうか。

歳なんだし、こっちの言う事通じなくても仕方ないって思ってさ、優しくしたいんだけど。

それをおととい妹に言ったら、

「ああ、それ、前に一緒に働いてたパートさんも言ってた、その人も自分の両親と同居してて。

 優しくしてあげなきゃいけないのは分かってるんだけど、どうしてもできないって。

 『そう思って一度優しくしてあげると、図に乗ってどんどん甘えてくるから、どうしても無理。』

 って言ってたから。それに、お母さんもそうじゃんか。

 私も一回、無理聞いて融通つけてやったら、「また頼むね。」って言われた事あった。
 
 仕方ないよ、自己中でワガママばーさんなんだから。」

そうなのよね、ばーさんのワガママってどういう訳か最初のうちは家族の誰もが拒否してても、

あまりにもしつこく言ってきたりするから、こっちの方がそれ聞くのが嫌になってきて、

最終的には、ばーさんの思う通りになったりしてたっけ。

おととい妹が来てる時に言ってたのは、

「買いもの自分で見て買いたいから。」

とか言って、

「電動車いすを私の車に乗っけてじーさん連れてみんなでスーパーとか行きたい。」

なんて言うから、

「どんだけあの車いす重いと思ってる?私一人じゃ車に乗せれんって前から言ってるじゃん。」

「私も一生懸命乗せるの手伝うからいいがね。」

なんて言うので、

「絶対ダメ、私も腰が悪いんだから、あんなもん持ちあげたら腰が立たんくなる!!

 それに手伝うって、自分も腰悪くしたらどうすんの?軽い車いす買うか借りてからにして。」

「えー、また車いすいるの?あれじゃ無理なの?」

「重いから、絶対無理。」

って言ったら、妹も、

「自分で見たいんならじーさん置いて、1人で見てくればいいじゃんか、留守番してるから。

 無理にお父さん連れてく必要ないんだし。

 どっちかが仕事休まんと無理な事もあるんだから、無理ばっかり言わんの。」

って。

「ダメだわさ、自分で見たいからって、今まで何度か出かけても、『迷って、分からんから。』

 って、いつも何も買ってこないもん。こっちは早めに仕事上がって時間作ってるってのに。

 誰かに決めてもらわんと買えんのよ。遠まわしな事ばっかり言ってないで、

 『一緒に行って見てくれんかなぁ?』って言えばいいのに。」

と、ついつい強く言ってしまった私。

そしたら、案の定いつもの言葉が。

「もういいわ、もう言いへんで。1人で行ってくるでいいわ。」

こう書き連ねると、どんだけ意地悪な娘、とか思えちゃうなぁ・・・。

『連れてってあげればいいのに。』って思うよねぇ・・・。

帰り送ってく車の中で妹が、

「私が行った時に、タクシーで一緒に乗ってって行けばいいんだろうけどねぇ。」

「そりゃ、そうしてくれるとありがたいんだけどねぇ。」

とは言ったみたものの、ほんとに行くつもりはなさそうで、その後は何も言わずで・・・。

優しくできたらいいのに、心のトゲトゲなくなるといいのに・・・。

とは思うものの、その後も甘えられたらと思うと、どうしてもできない意地悪なあたし。



臭いの事にいしても、ここのところしょっちゅう「風呂入れ~。」「風呂入れ~。」言ってはいても、

「お風呂、お父さん腰が痛くて入らんから、私一人で入ったらガス代水道代もったいないで。」

「で、今日で何日入ってないのよ?」

と聞いたら、

「今日入らんかったら5日目。」

もうその後は、怒りに火がついて、

「5日ぁ!入れ入れって言ってるのになんでそんな長い事入らんの!?」

って言ったら、

「そんな事なんもいいがね、人は歳取ったら臭うもん、年寄りは臭って当たり前なんだで。

 それに臭い臭いって言ったって、外の人にまで臭ってる訳でもあるまいし。」

なんて言うので、怒りに火がついてしまって・・・。

「はぁーっ!?外に臭ってないって?!もうとっくのとうに、外の通路まで臭っとるわ!!

 毎日風呂入ってても、どうしても臭うって言うんならそりゃ仕方ないで済むかもしれん。

 でも、5日も入ってなくて、年寄りは臭って当たり前って言ったってそりゃ筋が通らんわ。

 こっちにも我慢の限界ってもんがあるんだからね!!」

と、叫んでしまった・・・。

で、おとといばーさん、妹に、

「私 “も” 臭うらしいわ。」

と言ったそうで、妹も、

「 “も” って言ったんだよ。あんだけ言われても、自分だとは思えないんだねぇ。

 自分の臭いは自分じゃん分からんし。自分だって思いたくないのかもしれんわ。」

気を使って遠まわしに言ってても、わからんみたいで、困ったもんだ。

スポンサーサイト
2015.06.25 Thu l 同居 l top
1週間ほど前から、腰が痛くてますます寝てばっかりのじーさん。

寝てばっかりなので、夜のドラマ見てる時にトイレに出てきて、

「おはよーさん。」

だって。(笑)

腰が痛いし、足元おぼつかないしで、よろよろのフラフラ・・・。

「痛、いたたたたっ、なんでこんなに腰が痛いんじゃ。」

と立ったり座ったり、歩いたりに一苦労。

デイサービスも断って、ヘルパーさんも断って一日中寝てます。

で、2日の火曜日、思い切って母が、

「そんなに痛いなら病院行くかね?」

と言ってみたらば、二つ返事で了解したそうで。

電動車いすで、バス一区先の整形外科まで行ってきたそうです。

あいにく私は、友人との約束で出かけた後で・・・。

「休みだったんだから言ってくれれば、日にちずらしてもらって一緒に行ったのに。」

と言ったら、

「私一人でやってみたかったもん、これでわかったで私だけでも大丈夫だわ。」

だそうで。

行き帰り坂道で大変だったみたいだけど、なんとかなったみたいで。

ただ、整形外科って待たされるの当たり前で、9時頃出かけて行ったのに、

帰ってきたら昼もとっくに過ぎてたそうです。

脊椎の下から3番目の骨が欠けてて、その上の骨の間の椎間板もふたつ減ってるらしい。

以前、脊柱管狭窄症やってるので、「腰が痛い、痛い」と言ってるのはしょっちゅう。

1週間湿布を貼って様子見、来週の火曜日コルセットを作るために10時の予約。

なので本当なら、来週は妹に来てもらって、眼科に行く予定だった母も、

「私の眼医者は二の次、二の次。」

とか言って、妹に「来んでもええわ。」と、断リのメールなんかしてるから。

「そんな事言っとらんと坂道大変だから、付き添ってもらえばいいじゃん。」

と言ったら、

「あれが、そんな早い時間に来れる訳ないがね。」

な~んて言うので、「付き添ってやって。」とラインしといた。

その先どうするのかは、妹の気持ち次第って事で。

どうなる事やらだけど、よくじーさん病院行く気になったもんだと感心。

よっぽど痛いんだろうな。
2015.06.05 Fri l 父の事 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。