上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
続けて書くのもなんだかなぁ・・・、とも思ったけど。

その気になった時に書かないと、またひと月ふた月経っちゃうだろうし。

書く気も失せるかもなので、書きます。

長くなっちゃうし、悪口ばかりになるので、読みたくない人はスルーしてください。

これは私の日記なので、書きたい事書いてすっきりしたいので。

書く事で、ますます怒りや悲しみが増幅する恐れもありますが・・・。(汗)


まずは私の事を書かないと、じゃないと何が言いたいのか分からないので。

実は私、25歳の時に子宮筋腫になりまして手術しました。

その時はまだ未婚で将来もある事だし、って事で筋腫核出術で子宮温存しました。

ただ、それから中々結婚できずで、29歳で結婚して翌年には再発が発覚し再手術。

この時も妊娠を望んでいたので核出術で子宮温存しました。

ただ、右の卵巣はチョコレートのう腫で半分切除、卵管は癒着があって詰まってました。

なので、翌年腹腔鏡で癒着をはがすのと卵管を通す手術をしました。

癒着はうまくはがれたのですが、卵管は不通で左側の卵巣だけを頼みに、

今言われてる「妊活」の「不妊治療」を始めました。

タイミング法でも妊娠はせず、人工授精でも妊娠はしませんでした。

何せ片方の卵巣しかないので、排卵のチャンスは人の半分、時間は人の倍かかりました。

うまく着床するためのホルモン剤の注射などで、残った筋腫が大きくなる可能性大ですが、

それ以上に子供を望んでいたので、ずっと治療を続けてました。

そろそろ「体外受精」を考える方向でと医師に言われ、

「そこから先は神の領域なので。」と主人と私の意見も一致したので子供を諦め、

巨大化した筋腫を切除するため、子宮全摘で最後の手術を受けました。

結婚してからは離れていたとはいえ、ずっとこの様子を見て聞いていた母なんですが。


ここから母の事書きます。

最初の手術後、ふた月くらいして母が、

「言わんとこうと思ってたけど、子供産めても1人が限度なんだって、

 それも帝王切開でしかだめって言われた。」

と言いました。

「えぇ?!」

そう言う事って、術後すぐに言ってくれるもんじゃないの?

だって、私の体の事じゃん、私の将来に関係ある事じゃん、自分で知ってなきゃじゃない?

なんで、言わんとくっていう選択になるの?って思いました。

手術して半年後くらいに、いとこが消防士の方を紹介してくれました。

つきあってふた月くらいして、いとこが私がそう言う手術をした事を何気に話したそうで、

「僕は子供が欲しいから別れたい。」と言われました。

悲しかった・・・、ちょっと好きになりかけてたし。

それから一年して、適齢期を過ぎた頃、母の知り合いが見合い話を持ってきまして。

見合いする気もなかったので、写真を見てあーだこーだと難癖つけてると、

「あんたは手術してかたわ(差別用語だったらすみません)みたいなもんなんだで、

 あーだこーだ文句言える立場じゃないんだから、もらってくれる人がいるってだけで、

 ありがたいと思わんといかんのだよ。」

と言いました。

そういう事言うのかと、唖然となりました。

それからも、たくさん見合い話をもらってきては「見合いしてー、結婚しろ―。」言われ。

その頃4っつ下の人とつきあっていたので、見合いする気などまったくありません。

毎日毎晩、色々言われ続け辟易としていたのですが。

その4っつ下の人も、

「僕はまだ若いので、好きだけど結婚する気はない、それに長男だから跡継欲しいし。」

と言って、私から離れて行きました。

それから半年して、今の旦那と紹介で知り合いつきあって4か月でプロポーズされて、

10ヶ月で結婚しました。

この人もたぶん離れていくんだろうなと別れを覚悟で打ち明けると、

「子供のいない人生だっていいじゃんか。」

と言ってくれました。

結婚で母の呪縛からも離れられてほっとしてると、

次は自分か!?と、恐れをなした妹が1人暮らしを初めて母から逃げました。

結婚と同時に旦那が店を始めて、それからの何年かは仕事のプレッシャーが半端ない。

仕事を始めるに当たり、旦那のお世話になってる人から、

「初めの一年は、絶対子供なんて作っちゃいかんぞ、仕事の妨げになるから。」

なんて言われて・・・。

それでも不妊治療のプレッシャーとも闘いながらがんばっていたんだけど、撃沈。

結局子供はあきらめました。

それからしばらくして母に言われました。

「あんたが子供できなかったから、私には孫がおらんがね。

 みんなランドセルだ、机だって楽しいそうに話してて寂しいわ。」

そうか、そうだよね、でも今更どうしようもない事言われても、仕方ないじゃんか。

妹に期待してよ、あっちは健康なんだし。

でも妹も、40近くなっても結婚の気配がなく、そんな妹の事を私に、

「戻ってきてでもいいから、一度結婚して欲しい、世間体が悪い。」

と言いました。

「戻ってきてでもいいって、なんちゅう事言うのよ。」

40過ぎて、やっと結婚した妹ですが。

「今さらだけど、やっぱり孫は無理だよねぇ。」

って、それをなんで私に言うのさ、本人に言えよ、本人に。

そんな妹も、数年前に子宮筋腫で子宮全摘しちゃいましたが。

未だに私に対して、子供がいたら、孫がいたらなんて事しゅっちゅう言います。

私も最初のうちは言われるたびに反論したり、傷ついたりしてましたが。

今はまた言ってるか!くらいで収まってます。

でも、母に言われて、「いつまでそんな事言うつもり?!」と、食ってかかった事がある。

この年になると、誰でも多かれ少なかれ病院通いしてると思いますが、

今日は歯医者、今日はクリニック、持病があるので今日は総合病院で検査があるとか言うと、

「体が丈夫なだけが取り柄のはずなのに、そんなやわな子に産んだ覚えないわ。」

生きてきた人生で色々変わって当たり前じゃんか、それに私の体。

親だからっていったいいくつまで、そんな事言うつもりよ!!

それに、本人は思いやりで言ったつもりも、私にはとんでもない言葉になったり。

8年前、飼っていた15歳のわんこが腎不全で亡くなった翌日、電話で話してて、

「いつまでもめそめそ泣いとったらいかんよ。」

って・・・。

「はぁー?!いつまでも泣いとったらって、昨日死んだばっかりだよ。

 昨日の今日なのに、なんでそんな言い方するの?!」

言葉の使い方、分かってないのかもしれません。

そしてこの事を書こうと思ったきっかけの年末の喧嘩。

両親と子供三人の家族のお話をテレビでやっていて、それ見ていた母が、

「あ~あ、あんたに三人くらい子供がおったら楽しかったのにねぇ。」

って・・・。

いつもならやり過ごす言葉も、大みそかでバタバタしてる上に、旦那は風邪で寝込んでるし、

昼間にも色々口喧嘩した後だったので火がついちゃった私。

「はぁ~?!欲しくて欲しくてがんばって、それでもダメで諦めたのに、まだ言うか?!」

「思ったから言ったまでじゃん。」

「なんで人の気持ちも分からずに、そんな風に思った事すぐに口にするのよ!?

 少しは相手の気持ち考えてもの言ったら?!」

って、思わず怒鳴っちゃいました。

そしたら、こっちも気も知らずにへへへって笑って、

「怒り納めか。」

って言いやがった、むっきーっ!!

不妊治療していたのはもう20年近く前なのに、未だに言われるとぐさっときます。

だって、どうしようもできない事だから。

いらなくて作らなかった訳じゃなくて、欲しくてもできなかったんだから。

母にしてみたら、何気に言ったつもりの言葉なんだろうって分かってます。

そんな事で怒らなくてもいいじゃない、っても思います。

でも、そばで色々見てきた母だからこそ、言って欲しくない言葉なんです。

どうしてこんな事で、そんなに怒るのって思うかもしれない。

でも、いくら親でもいっていい事悪い事あると思うので。

親でも、許せないのは許せないから。






スポンサーサイト
2015.02.21 Sat l 母の事 l top
今年に入ってから、私の中では、父はくそじじい、母はくそばばあになってます。

ああーっ、イライラするっ!!


以前にも書いたけど同居してから、トイレの事ではブチ切れさせられる事ばっかりで。

認知症なんだから仕方ないとは分かっていても、やっぱり我慢できない事もある。

母がちゃんとフォローしていてくれれば、気持ちよく使えるはずのトイレの事も、

そのフォローが何度言っても遂行されずで、ブチ切れMAX。

書かなきゃ、治まらない気分なので書くけど、汚い話なので嫌な人はスルーしてください。



母と2人で口を酸っぱくして言って、使用後水を流さない事だけはなんとか治ったよう。

っていうか、母にちゃんとフォローをするように、これまた口を酸っぱくして言ったので、

流してなかったら流してるのかもしれないけど。

トイレ開けっ放しでするのは、半々ってとこかな。

ただ、ふたが開けっぱなしなのは治らずで、暖かいはずの便座もひんやりな事が多い。

でも私があんまりブチブチ言うと、娘に言われるのはやっぱり嫌なようで、

最後にはじーさんいつもブチ切れるので、加減して母に言うように言ってます。

私も怒るのも疲れるようで、晩ごはん後、楽しみにしているドラマも途中から記憶なし。

いつのまにか眠ってしまってる私、くっそーっ。


で、です、タイトルの件なんですが・・・。

じーさん夜中に大きい方します。

きっと寝てばっかりいるので、夜昼関係なんでしょうねぇ。

便秘で出ない時なんて、夜寝る前に飲むはずの便秘薬、昼間に飲む事もあるようなので。

言う事聞いて、昼間に飲ませるなっちゅうの!!

ま、ここのところはあまり便秘にもならずにいるみたいですが。

まあ、それは今は関係ない話なので。


父に似てトイレが近い私(いいとこは似ないな、くそっ)なので、夜中にトイレに行く事が多い。

以前から、トイレの汚れは気になっていたけど、父だけではないかもしれないので、

(うちの旦那もよく汚す)、母にはそれとなく言うだけだった。

でも、特に今年に入ってからなんだけど、眠気が一気に覚める事が何度か・・・。

トイレに入って、ふたを開けて(この時はふたが閉まっていた)、目が点!!

なんと便座がう○ちまみれ!!

きっとう○ちの切れが悪かったのか、残便感か、何とか出そうと思って触ったのかも。

その触ったであろう、う○ちまみれの指の筋が、白い便座にたーくさん・・・。

ほんと、眠気なんて一気に覚めますわ。

真夜中、眠ってる母を起こすのも悪いので、真夜中というのにトイレ掃除、うるうる。(大泣)

触ったかもしれないと思うドアノブやらドアやらも拭いて。

朝、母に言うと、

「えー!?ほんとにお父さん?!」

って、おいおい、他に誰がおるんじゃ!!

うちの旦那は、夜中にトイレ行く事なんて皆無だし、そんな時なしに大きい方はしない。

快食快便、いつも定刻どうりの人ですから!!

「手洗ってないかもしれないから、ちゃんと見といてよ!!」

って言ったら、

「大きい方の時はちゃんと洗うわさ。」

って、そんな事なんで分かるのよ、見てないくせに。

「おしっこ行って手を洗わない人だよ!!

 大きい方だからって、洗ってるかどうかなんて分かったもんじゃないじゃん。」

「洗ってるって。」

と言い切る母。



そしてまたある夜は、トイレットホルダーのかわいいトイレカバーがう○ちまみれ!!

もちろん、本体のホルダーもペーパーもですが。

ロールペーパーは捨て新しいのと取り換えて、カバーを外し本体を掃除して・・・。

真夜中に何やってんだか・・・。

そういう事に何度か遭遇したので、旦那に言ってホルダーのペーパーは使わず、

トイレ脇の棚の方に置いて、それを使っていた訳ですが。

それがついこのあいだの夜中、またやってくれました・・・。(泣)


いつものように別置きのペーパー使ってふと見ると、

なんと置いてあったであろう下の面と、ロールの芯の中がまたもやう○ちまみれ!!

やだよぉー、こんなの使っちゃったじゃんかぁ!!(大泣)

なんでわざわざ他に置いてあるをの使うのよ!!

目の前にちゃんとホルダーにペーパーついてるのに!!

もういい加減頭に来たので、母を起こしてペーパーを渡してやったわさ!!

「お父さん以外にこんな事絶対にしんからね!!」

それ以来、別置きのペーパーはかごに入れ、布をかぶせて見えないようにしてあるけど、

何をしでかすか分からないので、今度はマイペーパーで持ち込むしかなくなるかも・・・。


くっそーっ、思い返すと腹が立ってきた。

何度もあったんだから、気を使わずに起こして掃除させればよかった。(怒)


母に対してイラついてる事の方がホントは書きたかったけど、思いの外長くなってしまった。

これよりももっと長くなるであろうと思われるので、また今度にします。


2015.02.20 Fri l 父の事 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。