上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
10月22日水曜日、じーちゃんデイサービスデビューいたしました。

午前中だけの短い時間でしたが、お話ししたり、ラジオ体操したりで、

有意義な時間を過ごして楽しかったようです。

ただ、日曜日はお墓参り、月曜日はヘルパーさんが来てお散歩にお出かけ、

火曜日は病院へ行って、午後は妹が来訪。

その後の水曜日だったので、少しお疲れ気味だったようで、

後半の1時間はぼーっとして少しぐったりしていたらしく、帰ってきてすぐにベッドに直行、

ご飯もいらないと言って、眠ってしまったそうです。

おやつにシュークリーム買ってきたら、おいしそうに食べてましたけどね。

当日の朝まで、

「おれぁ行かへん、行きたない。」

と駄々をこねていたじーちゃん。

でも、ばーちゃんは、

「これきりかも知れんで、どうやってでも行くわ、私が行くっていえばついてくる。」

と強気。

8時50分、時間きっかりにお迎えに来たワゴン車。

ばーちゃんがトイレに入ってる間に、

「ほら、お迎え来とるではよ仕度せんと。」

「どこ行くだ?」

と忘れて聞くじーちゃん。

ここで「デイサービス」と言う言葉は禁句、絶対拒否モードだと思ったので、

「お母さんが行きたいとこあるんだって。

 うちらも今日は出かけないかんで、お父さん1人でおいとく訳にはいかんで、

 一緒についてきて欲しいって言っとるで、行ってきてよ。」

ささっとジャケット着させて、本当は良くないかもしれないけど吸えなくて騒ぐといけないので、

「ほら、これもポケット入れて、持ってって。」

と、タバコをポケットに入れさせて、

「ほら、待ってくれとるではよ行かんと。」

と、間髪入れさせず出かけさせました。

「どこ行くだ、どこ行くだ。」

と聞かれるたびに、

「お母さんが行きたいとこあるって言っとるで一緒に行ってきて。」

と答えて、「デイサービス」とは一言も言わずに行ってもらいました。

初めて自分たち夫婦だけの空間を過ごすわが家。

でも2時間では何する事も出来ず、撮ってあったドラマを見ただけ。

帰って来た時にいたらまずいと思ったので、ドラマ見終わった後はそそくさとランチへ。

午後から旦那は仕事が入っていたので、1時前には家に戻りました。

帰ってきて、母の顔見たら開口一番、

「掃除してくれた?」

だって。

「はぁ~!?」

あっけにとられる私。

「やっと二人だけの時間で、それもこれから先あるかどうかも分かんないのに、

 ゆっくりするし、そもそも旦那が家にいるのに掃除なんてする訳ないじゃん。

 そりゃ、ずっと水曜日午前中デイサービスに行ってくれるなら掃除もするわ。

 でも、もう2度とないかもしれないんだもん、したい事するわさ。」

怒りにまかせて言ってしまった。

ほんと思った事がすぐ口に出る悪い癖、人を怒らせる天才だわ。

締めくくりは嫌ーな気分にさせられました。

じーちゃんはといえば、気を使って自分からどんどん話をして、疲れてくたびれて、

ご飯も食べられないくらい頑張っちゃったみたいです。

楽しくって、また行きたいなと思ってくれたらうれしいんだけど。

ただ、母はじーちゃんを気遣うあまり同じようにくたびれちゃったみたいで、

「もうしばらくは、行かんでええわ。ケアマネさんにもあきらめてねって言っといたし。」

なんて事言ってます。

おいおい、私が、

「時間をかけてゆっくり行くようにし向けてけばいいじゃん。」

と行ったのを、

「自分が行けばお父さんは行くかもしれんから。」

と言って、介護認定受けて融通利かせてもらってまでしたのに、

その言い方はないんじゃないの。

そもそも、一番お父さんにデイサービスに行って欲しいのは自分じゃんか。

お父さんに、

「あんたが1日中家におるから、私はどっこも行けえせん。

 デイサービスに行ってくれたら、私も出かけられるのに。」

って、言い放ってた母。

でも、ケアマネさんには、

「お父さんがいたら、この子ら夫婦がゆっくりできなくてかわいそう。」

なんて、言いやがって。

ほんと自分勝手なんだから。

そりゃ私だって、ゆっくりできる空間欲しい事は欲しいわさ。

デイサービスに行くのはお父さん自身が自分の体や心のために行くところであって、

ゆっくりできる時間は、そのおかげで出来る事だと思う。

それに、本人が言うようにデイサービスに行くほどではないような気もするし。

隠れて吸って、カーペットに焦げを作った事があるじーちゃん。

タバコさえ吸わなきゃ、火事の心配なく一人で留守番できるんだけどなぁ。

ヘルパーさんが来て、買い物や散歩に連れ出してくれてるだけで今は十分な気もするし。

「出かけたいなら、ヘルパーさんの来てくれる時間延ばしてもらえばいいじゃん。」

って母に言ったら、

「私もそう思う。」

って言っていたので、多分しばらく介護サービスは生活支援のみになりそうです。

じーちゃんがデイサービスに行きたいと言うなら、また別ですけどね。


スポンサーサイト
2014.10.23 Thu l 介護サービス l コメント (0) トラックバック (0) l top
日曜日はお店も暇なせいもあり、2時に上がる事になってて。

それはまだ同居する前から、毎週日曜日実家に通ってる時もそうしてましたので。

私が2時に帰ってくるので、母には夕方まで自分の時間として使ってもらってます。

たった3時間くらいなので申し訳ないですが、私も仕事してますし。

で、今日2時に家に帰って荷物を置いて一息ついて、掃除をし始めようとした時、

じーさんいきなり私に、

「なんだぁ、買い物行くんじゃないのか!!」

と突然大声で怒鳴りまして。

当然掃除するつもりでいるので、

「今から掃除するんだから、買い物なんて今日は出かけないよ。」

といいますと、

「タバコ買ってこんかぁ!!」

とまたもや怒鳴りまして、めっちゃブチ切れて、

「何でもいいで、はよタバコ買ってこんかぁ!!」

と、連呼しながら怒っております。

どうやら母が、

「〇〇ちゃんが帰ってきたら、買ってくるで。」

と言ったのを、

私が帰ってきたら、買い物のついでに買ってくると思い込んでいたようで。

じーさんタバコが切れて、あと一本で超不安で、ニコチン中毒で禁断症状的な感じ?

母がちゃんと、

「〇〇ちゃんが帰ってきたら、私が買ってくるで。」

と言ってれば、じーさんも切れずに済んだものを。

そして私もとんだとばっちりを受けて、怒鳴られずに済んだものを。

実は母、いつも煙草の買い置きを2個隠し持ってるにもかかわらず、

残り一本になってもそれを出すことをせず、「もうないよ。」と突っぱねます。

まあ夫婦のやり方があるんだろうけど、

何でもいいから、私まで巻き込まないで欲しいもんだわ。

平穏無事な気分を削がれて、ちょーブルーっていうか、気分悪ーい。
2014.10.12 Sun l 父の事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。