上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ゆっくりゆっくり、亀の更新になるかと思われますが。

実は5月の2日に、少し広めのマンションに引っ越しをしました。

そして5月15日、私の実家の両親が引っ越してきまして。

同居始めました。

ブログをお休みしてたこの2年間、色んな事がありました。

去年の春、実家のお隣が取り壊しになり空き地になりました。

それから母は、

「風当たりが強くて怖い、台風来るたびに怖くて怖くて眠れんわ。

 引っ越したい、引っ越したい。」

と、毎週行くたびに言うようになりまして。

ま、そのうちと考えてはいたので母に、

「引越し先探し、始める事にするわ。」

と言い、引っ越し先探し始めました。

すっごく喜んでくれましたよ。

旦那を説得するのに私、

「もしも、嫌だって言うんなら別居しかないから。」

って言いました。

結婚する時に、ゆくゆくはうちの両親の面倒を見てくれるという約束だったしね。

嫌とは言えないだろけど。

そして、去年末、

「大腸の調子が悪くて検査してもらうから、多分ガンだと思うのでよろしく。」

なんて言いだしまして。

検査の結果も出てないのに、ガンと言い切る母。

ほんと、いつもの通りの大騒ぎ。

しかし、受けた血液検査がひとつは陰性、1つが下血してて陽性だったので

これまた大騒ぎ。

結局ただの便秘だった訳なのですが・・・。

でもここで、

『もしも、母が入院でもしたらどうなるんだろ・・・?』

母がいなかったら、父の引っ越しなんてできる訳ないと思い至りまして。

父の足の具合も悪くなって歩く事もおぼつかなくなり、立ったり座ったりするたびにふらつくし。

認知症も、どんどん進んで、同居して初めて分かる事がたくさんあって驚きの連続。

週一でのぞいてるのと、一緒に暮らすのとでは大違いでした。

歳取った幼稚園児と化してます・・・。

『本当に認知症なんだ・・・。』

と、改めて思い知らされる事がめちゃくちゃあって、ショックを受ける事も多々。

介護認定も先月「要介護2」になりました。

ただ、引っ越しした事でその認知症も少し進んでしまったようです。

引っ越ししたら、環境が変わるので覚悟はしていたんですけどね。

でも、この機を逃すとますます引っ越しなんてできる状態じゃなくなるだろうし。

介護の目が増える事で、その進んだ分カバーできるんじゃないかなと思いまして。

しかし、ほんと・・・・大変ですわ。

よく今まで、母一人でがんばってきたなぁ~って思います。

引っ越ししてからも、毎日一回父は、

「そろそろ、帰らんでもいいのか?」

と、母に聞きます。

あんなに近くで、毎日のように引っ越しの作業してたのに・・・。

手伝う訳でもなく、ずっとベッドに寝たまんま。

起きたい時に起きて、ご飯を食べたりたばこを吸ったり、とにかくするのは自分の事だけでした。

全然、引っ越しした事分かってないいんでしょうね。

「帰らんでもええんか?」

と言うたびに、引っ越しした事を聞かされ、そのたびにショックを受け・・・、その繰り返し。

なんかその都度ショックを受けてかわいそうだなぁとも思うんだけど、

「ショックを受けても、それを忘れてまた言うんだから、それはショックではないんじゃないか?」

旦那に、そう言われてみればそうかなぁとも思うし。

積み重ねではなくて、いちいちクリアになってのショックは一度きりなのかなぁって。

なんて、書いてて自分でも訳分からん感じになってきましたが・・・。

母の言う事は、ブツブツ言いながらもよくききます。

引っ越しする前はできたて留守番も、まだ無理みたいなので。

っていうか、父一人残して家を開けるなんて、とてもじゃないけど考えられない。

でも、母もつきっきりではたまらないだろうと思い、今は仕事を早めに上がって、

時間をあげて、小さい買い物とか行ってもらいます。

美容院とか、友達に会ったりとかしたいだろうし。

でも母が出かけると、不安なのか寂しいのか立ったり座ったり、ベッドに寝たり起きたり。

時間がちょっとでも長いと、

「お母ちゃんはどこ行ったぁ?いつになったら帰ってくるんだぁ?!」

って、少し怒り気味で言う始末。

まあ、なんにせよ、慣れるまでは多分無理。

慣れる時が来るのか、ちょっと不安ではありますが、なんとか慣れてもらわないと。


でです、今のマンションを選んだ事に今更ながらちょっと後悔。

母が今まで行動してた場所へバス一本で行けるように、バス停まで1分の幹線道路沿い。

これが、交通量が多い時間帯の、うるさい事うるさい事。

うちのふところ状態を考え、介護の目が行き届くにはマンションかしらとマンションにした訳だけど、

家のなかじゅう充満する加齢臭のすごさに、今、辟易としております。

それも・・・、多分、父ではなく母のであろうと思わる臭い。

歳くったら、出ても仕方ない体臭なので、あまり言ってはいけないと思いますし、

私は実の親なので我慢できますが、旦那に申し訳なくて・・・。

1階と2階で別れられる一戸建てでいい物件があったけど、移動とか考えるととんでもなく不便で。

今、自分たちの居場所がなくて困っちゃってます、あっちもかもしれませんが・・・。

今からこんな風で、この先が思いやられますが、なんとかうまくやってくしかないしね。

おいおい、細かい事は書いて行きたいと思ってます。

今日のところはひとまず、思いついた事つらつらと書きました。
スポンサーサイト
2014.05.31 Sat l 同居 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。