上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日曜日、いつものように午後から実家へ。

千秋楽を見ながらお茶を飲んで、ベッドへ入った父だったけど、
よっこいしょと起き上がり私を見て、

「○○ちゃん(私)に車の処分してもらうように頼まんといかんわ。」

「車なんてもう処分しちゃったからないがね。」

ディーラーさんに頼んで持ってってもらった事故車の写真を見せて、

「ほら、これお父さんの車でしょ。
 こうやって、持ってってもらって処分してもらったから、
 もうお父さんお車はないんだよ。
 だから、処分なんてしなくっていいの。」

「ほうか?ほうだったか?
 でも、見てこんと分からんで見てくるわ。」

と言って、さっさと玄関へ行って靴を履いて出かけた。
そのすばやさにびっくり。
足が痛いはずなのに・・・。

駐車場までほんのちょっとの距離。
歩いてく後からついていった。
さすがに歩く速度は遅いけど・・・。
駐車場には私の車が止まってて。

「ねっ、ほら、私の車が止まってるでしょ。
 お父さんの車はもう処分したの。
 私が来た時、車止める所ないと困るから、
 まだ借りててもらって、私の車を止めさせてもらってるの。」

「ほうなんだな~。」

と納得した様子で、戻ってく。

母に聞かされて知ってはいても、やっぱり目の当たりにするとショックだ。

帰り際、駐車場で、母が、

「もうここ返して、もう少し近いところに借り直そうかって思ってる。」

「何で、そんな事する必要があるの?」

「だって、あんただって近い方がいいでしょ。
 ちょうど、家のむかえが空いたらしいから、そこをと思って。」

近いって、距離的には50メートルも変わらないのに。

「近いって大した距離じゃないじゃんか。
 ここ返しちゃっていいの?
 今は私が止めない時は空いてて、お父さん車がない事確認して
 納得して帰ってきてるみたいなのに、
 今返して、全然違う車が入ってるのみたら、
 戸惑って分からなくなるから、よくないんじゃないの?
 環境が代わるのは良くないって言うし、やめた方がいいよ。」

「そうかな~、ならやめとくわ。」

あまりにも父の姿がショックだったから、妹にメールしてみた。

帰ってきた返事が、

「なんて言っていいか分からない。」

って。
あんたは他人かい!

「お父さん、家の旦那の事おぼえてるかな~。」

って。
あんたの旦那の事なんかどうでもいいわ。

なんで、お父さんやお母さんの事心配した返事が書けないの・・・。
優しい言葉が欲しくてメール送った私が馬鹿だったわ。
スポンサーサイト
2009.09.29 Tue l 血管性認知症 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先週の事。
父の兄が亡くなったと電話があったそうで。
母から、

「電報送りたいから、すぐ来て。」

って。
なんで電報打つのに、すぐに行かなきゃならんの。
今はパソコンで頼めるから便利。
色々聞いて、ネットで注文。
便利な世の中になってくれたわ。

さて、道は忘れてもというのは、お墓参りの道の事。
お墓参りからの帰り道、父に、

「ここの道しょっちゅう運転して走ってた道だけど、覚えてる?」

って聞いたら、

「全然分からん。」

だそうで。

でもね、お香典を現金書留で送るのに、
封筒の買い置きがあッたのはきっちり覚えてて、

「絶対にある。」

と言い張って。
探したら、ありましたよ、現金書留の封筒。

何を覚えてて、何を忘れちゃったのか
一体頭の中はどういう状態なのか見てみたい。(--)
2009.09.27 Sun l 血管性認知症 l コメント (0) トラックバック (0) l top
月一の病院のついでに、母の実家の墓参りへ行った。
今まで父には留守番してもらって、
毎月月命日に母だけで行っていた墓参り。
やっぱり気持ち的に墓参りって午前中に済ませたいもんね。
なので、毎日続いてる父の午前中の駐車場通いを考えると、
母だけで墓参りに行くのはもう無理だろうという事で、
月一の病院の後、墓参りに行く事になった。

毎日父と二人きりで気詰まりだもんね。
ドライブがてら、出かけるのもいいもんね。
それに今まで、父に留守番頼んで、
行って帰って速攻でしてるみたいで、
ゆっくりできてなかったみたいだし。

あいにくの雨だったので、父は車から降りず。
運動不足を考えたら、車から墓まで歩くだけでもいいしね。
天気だったら、ひょっとして降りてくれるかなって、
期待してるんだけど・・・。

そんな些細な事でも母がすごく喜んでくれるのは、
こっちもうれしい。
このところ、ちょっとおちこんでそうだったし・・・。
2009.09.16 Wed l 外出 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「先生は痴呆が出たというけど、今の方がずっといい。
 あの頃の方が、変だったから。」

と母。
そう言えば去年の今頃は、1日中ずっと天上見てるだけで、
話しかけても返事もせずにいたからな~。

駐車場への日参も相変わらず。
自分で運転して出かけてた頃は、車のキーと一緒に家の鍵やら
たくさんジャラジャラついてたキーホルダー。
今はたった一つ(偽物だけど)しかないので、

「他の鍵はどうしたんだ?」

って聞くって。
そのたびに色々言い繕うと、それで納得するようで。
これからは、他にも色々出てくるんだろうな~。
毎日の日参、9時半頃か、10時半頃。
それもこの先、時間もまちまちになって。

母が墓参りに行きたいと言い出した。
あの父を置いて遠出はもう無理。
なので、父の病院帰りついでに行こうかって話になったのはいいけど、
この霊園がとんでもなく広くって、墓までどう行っていいのか・・・。
唯一道を知ってる父があれだから、まったく分からずで。(--;)

母の祖父母が健在だった頃、毎年春と秋に連れて行ってた霊園。
ひょっとして覚えてるのかな、昔の事って。
今度行った時、聞いてみるか。
2009.09.07 Mon l 血管性認知症 l コメント (2) トラックバック (0) l top
駐車場までの日参は続いてるようです。
ただ母の話では、昨日から出かける理由が、

駐車場の車⇒散歩

に、変ったそうで。(^-^)
まあ、理由は何でも、今まで全然出かけようとせず、
ずっとベッドの上にいた事を考えると、
外へ出ようと言う、父の気持ちは大切にしたいなって。

これが徘徊って事になると、またこっちの思いも変るんだろうけど・・・。
今のところ、駐車場の車の場合は駐車場まで、
散歩の場合は、疲れたところで座って、
しばらく休んだら、まっすぐ帰って来るらしいので、
ほんの百歩も歩いてるかどうか・・・。

2日の水曜日に、父の薬をもらいに病院へ行って、
先生にこのお出かけの事を話したら、

「とうとう痴呆が出ましたね。
 でも、まだまだ大丈夫。」

と言われたそうで。
今までの状態は、まだ痴呆ではなかったのかと思うと、
ちょっと先が怖くなってしまった。

これからどんな症状が出てくるのか。
いつ頃、区役所へ介護の申請に行ったら
認定されるのかしら・・・。
専門医の診察って、受けた方がいいのかな・・・とか、
考え出したら、きりがなくって。

今は午前中の、大体決まった時間に出かけるようなので、
そんなに心配は要らないだろうけど、
これが時間がまちまちになったり、
ましてや夜中に着替えて出てくようになったら・・・、
なんて思うと、ぞっとするけど。
2009.09.04 Fri l 血管性認知症 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。