上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
トイレに入れば名残がしょっちゅうの汚いくそじじいと、

家に帰れば充満してるその臭いに毎日イラッとさせられる臭いくそばばあ。

「ひょっとして私も臭ってるのか?!」

と言うくらい、鼻についたあの臭い・・・。

ゆくゆくは自分もああなるのかなぁという、漠然な不安と。

そしてこのところの天気に追い打ちをかけられ、すっきりしない毎日。

天気が悪いと、気圧がさがってるから、なんか調子が出ない。

その天気は、じーさんにもいたずらするようで。


じーさん、このところ色々やってくれます。

天気が悪いと気圧が低い、その低い気圧のせいなのかな・・・。

トイレに一度行くと、その後たてづつづけに3回行きます。

きっと残尿感があるんだろうけど。

そのたびに、ブツブツ言うばーさんのこごと。

耳が遠いから、こごとと言ってもけっこう大きな声でして。

それをそのたび聞かされるから、たまったもんじゃない。(怒)

でもまあ、ポジティブシンキングで、運動になっていいじゃん。

日頃寝てばっかりいて歩かないんだから、トイレに何度も通って歩いていいじゃん。

でもねー、そのたび流すから水道代は心配だけど・・・。

30分前に吸ったはずのタバコの事を忘れてまた吸いに出てきてばーさんに怒られて。

服を裏返しに着て怒られて。

夕方ご飯前に早々にパジャマに着替えて、タオルを肩にかけて洗面所に行こうとして、

「どこ行くの?」

「歯磨くんだがね。」

「これから晩ごはんなのに、なんで歯を磨くの?」

「なんじゃ?朝起きたら歯磨いて顔洗うのは当たり前だろが。」

「馬鹿な事言っとってかんわ!!今は夕方の6時だよ!!」

と怒られて。

昼間寝てばっかりいるから、昼夜逆転しっかりしちゃってます。

「起こしても、起きんのよ。」

とかいって、そのまんま。

なんとかして起こすようにしないと、夜辛いのは自分なのに。

じーさんのやってる間違い、言うのがばーさんだから「おお、そうか。」って素直に聞くけど、

これを私が言おうものなら烈火のごとく怒って怒怒鳴るじーさん。

そんなに私の事がお気に召しませんか。(怒)

そしてばーさんは。

「このところタバコの減りが早くてさぁ、なんでかと思ったら一回に二本とか三本、

 まとめて吸っとるみたいでさぁ、騙されとるみたいだわ、私。

 もう、こらからは一本ずつ渡してやるわ、タバコ。」

騙されとる訳じゃなくて、あんたが気付かんだけ。

なんで、1メートルも離れていないのに気付かないのか・・・。

自分が食べたり飲んだり、自分の事に集中しすぎて、じーさんの事見てないだけ。

ばーさんは本当に、じーさんのやってる事見てない。

パンツ裏返しにはいてるのだって、パンツはいてないのだって着替え見てれば分かるじゃん。

私なら逐一、一挙手一投足すみからすみまでずっと見てる。

だって、何かやらかして後片付けや後始末するのは自分だもん。

ちゃんと見てれば、防げる事が多いはず。

でも今はやらない、だってばーさんいるから、だって私が言うと怒るから。




スポンサーサイト
2015.09.07 Mon l 父の事 l top
1週間ほど前から、腰が痛くてますます寝てばっかりのじーさん。

寝てばっかりなので、夜のドラマ見てる時にトイレに出てきて、

「おはよーさん。」

だって。(笑)

腰が痛いし、足元おぼつかないしで、よろよろのフラフラ・・・。

「痛、いたたたたっ、なんでこんなに腰が痛いんじゃ。」

と立ったり座ったり、歩いたりに一苦労。

デイサービスも断って、ヘルパーさんも断って一日中寝てます。

で、2日の火曜日、思い切って母が、

「そんなに痛いなら病院行くかね?」

と言ってみたらば、二つ返事で了解したそうで。

電動車いすで、バス一区先の整形外科まで行ってきたそうです。

あいにく私は、友人との約束で出かけた後で・・・。

「休みだったんだから言ってくれれば、日にちずらしてもらって一緒に行ったのに。」

と言ったら、

「私一人でやってみたかったもん、これでわかったで私だけでも大丈夫だわ。」

だそうで。

行き帰り坂道で大変だったみたいだけど、なんとかなったみたいで。

ただ、整形外科って待たされるの当たり前で、9時頃出かけて行ったのに、

帰ってきたら昼もとっくに過ぎてたそうです。

脊椎の下から3番目の骨が欠けてて、その上の骨の間の椎間板もふたつ減ってるらしい。

以前、脊柱管狭窄症やってるので、「腰が痛い、痛い」と言ってるのはしょっちゅう。

1週間湿布を貼って様子見、来週の火曜日コルセットを作るために10時の予約。

なので本当なら、来週は妹に来てもらって、眼科に行く予定だった母も、

「私の眼医者は二の次、二の次。」

とか言って、妹に「来んでもええわ。」と、断リのメールなんかしてるから。

「そんな事言っとらんと坂道大変だから、付き添ってもらえばいいじゃん。」

と言ったら、

「あれが、そんな早い時間に来れる訳ないがね。」

な~んて言うので、「付き添ってやって。」とラインしといた。

その先どうするのかは、妹の気持ち次第って事で。

どうなる事やらだけど、よくじーさん病院行く気になったもんだと感心。

よっぽど痛いんだろうな。
2015.06.05 Fri l 父の事 l top
木曜日の朝5時、じーさんの、

「いたたたたぁっ!!!」

という叫び声に叩き起こされまして。

足元で寝てる母の布団に足を取られて転んで、後頭部を打ちました。

母の布団に足を取られて転ぶのは、これでもう3回目。

そのたびに、腰やら頭やら打って打ち身青あざになってます。

何かあったら大変だからと医者に行こうと何度言っても、

「痛ないで行かんでいいわっ!!」

と断固拒否。

そのうち本当に骨折とかするんじゃないかって心配。

今あるのは一番最初に倒れた時に急遽買った通販の安ーいベッド。

介護ベッドをレンタルしようかと母と話し、ケアマネさんと相談するように言いました。

つかまる所があるベッドならば、多少は違うんじゃないかと・・・。(汗)

そして土曜日にお水を買いに行ってやっちまいました、腰。

半月くらい前から、腰の感じがなんか変だったんだけどそのまま放置。

ぎっくり腰はもう何度もやっていて、軽いのを含めるともう何度か数えられない。

お水をカートに乗せた時に違和感があって、

「なんか変だな~、やだなぁ・・・、やっちゃったかなぁ・・・。」

お水をふたケース車から家に運び込んだ後しばらくは忘れてたんだけど、

時間が経つにつれて、どんどん痛くなってきた腰。

やっぱりやっちまってました。(汗)

今は立ったままなら痛くないし、座ったままなら痛くないんだけど、

姿勢変えるたびに痛みが走って・・・痛いです。

なんとか動けるようになって仕事してますが、

昨日の午前中はお店には出てきても、奥で横になってますた。(泣)

腰は何度も痛めて、MRIとか撮ってもらってます。

「脊椎の何番目かが薄くなってます。今すぐどうこうって言う訳ではないけど

 気をつけた方がいいですねぇ。」

と言われた時もあって、腰痛体操とかがんばってやってた時もありますが、

そのうち忘れてやらなくなり、また痛くなっての繰り返しで・・・。

わかってます、きっとね、太りすぎ。(汗)

同居してから一気に3キロ増えました。

怒りにまかせて、旦那の晩酌の時一緒に、おつまみパクパク食べすぎてます。

なんとかしなくちゃ・・・。

食べなきゃいいんだろうけど、ついつい・・・。(汗)

だって、未だに毎日毎日腹の立つ事やら、イラつく事が山のように押し寄せて、

心が休まる時がない。

母は毎日チラシを見て値段をチェックしてるので、あそこが安かった、ここで安売りしてる、

とか言うので、嫌々ながら買いに走ったりしてるので、自分の時間が削がれる削がれる。

食べなきゃいられんわっ!

ってなっちゃいます。

友達には、

「ストレス太りだから、慣れればそのうち減ってくるわよ。」

とか言われましたが、そのうちっていつ?

ってな気分で、全然慣れてきません。

慣れるどころか、ますます色々出てきてます。

何年かかるんだろ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、辛い。(泣)

おんなじ立場の人っていうか、私なんてまだまだ序の口で、

もっともっと大変な人の方がきっと多いんだろうなぁ・・・。

みんなどうやって乗り越えているんだろ・・・。


そして、今日は4月20日じーさんの誕生日、じーさん84歳になりました。

パジャマ脱いで服に着替えたのに、またその上にパジャマを着て怒られたり、

10分前にタバコを吸ったのを忘れて、またタバコを吸おうとして怒られたり、

毎朝、毎日、母に色々口うるさく怒られてます。

これが私だと、めちゃくちゃ怒って怒鳴ります。

多分娘に言われるのは嫌なんでしょうねぇ。

母がもし病気になって入院とかしたら、とか、先にいなくなったら、とか、

考えると、先が思いやられるというか、怖い。



2015.04.20 Mon l 父の事 l top
今年に入ってから、私の中では、父はくそじじい、母はくそばばあになってます。

ああーっ、イライラするっ!!


以前にも書いたけど同居してから、トイレの事ではブチ切れさせられる事ばっかりで。

認知症なんだから仕方ないとは分かっていても、やっぱり我慢できない事もある。

母がちゃんとフォローしていてくれれば、気持ちよく使えるはずのトイレの事も、

そのフォローが何度言っても遂行されずで、ブチ切れMAX。

書かなきゃ、治まらない気分なので書くけど、汚い話なので嫌な人はスルーしてください。



母と2人で口を酸っぱくして言って、使用後水を流さない事だけはなんとか治ったよう。

っていうか、母にちゃんとフォローをするように、これまた口を酸っぱくして言ったので、

流してなかったら流してるのかもしれないけど。

トイレ開けっ放しでするのは、半々ってとこかな。

ただ、ふたが開けっぱなしなのは治らずで、暖かいはずの便座もひんやりな事が多い。

でも私があんまりブチブチ言うと、娘に言われるのはやっぱり嫌なようで、

最後にはじーさんいつもブチ切れるので、加減して母に言うように言ってます。

私も怒るのも疲れるようで、晩ごはん後、楽しみにしているドラマも途中から記憶なし。

いつのまにか眠ってしまってる私、くっそーっ。


で、です、タイトルの件なんですが・・・。

じーさん夜中に大きい方します。

きっと寝てばっかりいるので、夜昼関係なんでしょうねぇ。

便秘で出ない時なんて、夜寝る前に飲むはずの便秘薬、昼間に飲む事もあるようなので。

言う事聞いて、昼間に飲ませるなっちゅうの!!

ま、ここのところはあまり便秘にもならずにいるみたいですが。

まあ、それは今は関係ない話なので。


父に似てトイレが近い私(いいとこは似ないな、くそっ)なので、夜中にトイレに行く事が多い。

以前から、トイレの汚れは気になっていたけど、父だけではないかもしれないので、

(うちの旦那もよく汚す)、母にはそれとなく言うだけだった。

でも、特に今年に入ってからなんだけど、眠気が一気に覚める事が何度か・・・。

トイレに入って、ふたを開けて(この時はふたが閉まっていた)、目が点!!

なんと便座がう○ちまみれ!!

きっとう○ちの切れが悪かったのか、残便感か、何とか出そうと思って触ったのかも。

その触ったであろう、う○ちまみれの指の筋が、白い便座にたーくさん・・・。

ほんと、眠気なんて一気に覚めますわ。

真夜中、眠ってる母を起こすのも悪いので、真夜中というのにトイレ掃除、うるうる。(大泣)

触ったかもしれないと思うドアノブやらドアやらも拭いて。

朝、母に言うと、

「えー!?ほんとにお父さん?!」

って、おいおい、他に誰がおるんじゃ!!

うちの旦那は、夜中にトイレ行く事なんて皆無だし、そんな時なしに大きい方はしない。

快食快便、いつも定刻どうりの人ですから!!

「手洗ってないかもしれないから、ちゃんと見といてよ!!」

って言ったら、

「大きい方の時はちゃんと洗うわさ。」

って、そんな事なんで分かるのよ、見てないくせに。

「おしっこ行って手を洗わない人だよ!!

 大きい方だからって、洗ってるかどうかなんて分かったもんじゃないじゃん。」

「洗ってるって。」

と言い切る母。



そしてまたある夜は、トイレットホルダーのかわいいトイレカバーがう○ちまみれ!!

もちろん、本体のホルダーもペーパーもですが。

ロールペーパーは捨て新しいのと取り換えて、カバーを外し本体を掃除して・・・。

真夜中に何やってんだか・・・。

そういう事に何度か遭遇したので、旦那に言ってホルダーのペーパーは使わず、

トイレ脇の棚の方に置いて、それを使っていた訳ですが。

それがついこのあいだの夜中、またやってくれました・・・。(泣)


いつものように別置きのペーパー使ってふと見ると、

なんと置いてあったであろう下の面と、ロールの芯の中がまたもやう○ちまみれ!!

やだよぉー、こんなの使っちゃったじゃんかぁ!!(大泣)

なんでわざわざ他に置いてあるをの使うのよ!!

目の前にちゃんとホルダーにペーパーついてるのに!!

もういい加減頭に来たので、母を起こしてペーパーを渡してやったわさ!!

「お父さん以外にこんな事絶対にしんからね!!」

それ以来、別置きのペーパーはかごに入れ、布をかぶせて見えないようにしてあるけど、

何をしでかすか分からないので、今度はマイペーパーで持ち込むしかなくなるかも・・・。


くっそーっ、思い返すと腹が立ってきた。

何度もあったんだから、気を使わずに起こして掃除させればよかった。(怒)


母に対してイラついてる事の方がホントは書きたかったけど、思いの外長くなってしまった。

これよりももっと長くなるであろうと思われるので、また今度にします。


2015.02.20 Fri l 父の事 l top
じーさん、毎週水曜日デイサービス行ってます。

ただ、じーさんには「デイサービス」とは一言も言わず、

「お母さんが行きたいところがあるのでついてってあげて。」

と言うと、文句言いながらもついて行きます。

作戦大成功♪


で、タイトルの件ですが・・・。

いやー、夕べは大変でした。

おとといからお腹を壊していたじーさん。

母によると、

「シャーシャーらしい。」

との事。

昨日も朝昼夕とトイレに行って、そのたびシャーシャーだったようです。

そのたびパンツを汚して、ばーさんに怒られて・・・。

怒っても仕方ないんだけど、世話する方の身になると・・・、やっぱり、ねぇ。

私が帰った時はベッドで座って相撲見てました。

その後、2回ほどトイレに行きました。

催してトイレに行くたび、間に合わず漏れてしまい、パンツを汚すので、

私がペット用に買ってあった生理用パッドをつけてたので、パンツは汚れなかったのですが。

どうやら、ちょっとずつ催しては出しての繰り返しのようで。

夕飯になって、起きてきてついでにトイレに行ってテーブルにつき、おかゆを食べ始めたら、

「胸が気持ち悪い。」

と、じーさん。

そしたら見る見るうちに、顔面蒼白になって問いかけにも応えなくなり、目の焦点が合わず。

「座らせとけばいい。」

と言う私の制止を振り切り、床に寝かせようとするばーさん。

仕方ないので足を持って椅子から降ろすと、気がついて、

「なんじゃ、なんじゃ?」

って・・・、戻ってきたみたいです。

かかりつけのお医者さんに電話したんですが、先生は出かけてて留守。

土曜日の夕方は休診なので仕方ないけど、不安。

とにかく横になってるようにベッドに連れて行って寝かせると、

「あ、出る、トイレ行きたい。」

「そこで出しちゃえばいいわ。」

と言う母の言葉もきかず、トイレに立ったじーさん。

ほんの少しだけ出して、戻ってきてベッドに横になったんだけど、

また同じで、

「あ、出る出る。」

と、トイレに立って何とかたどり着いたところで、倒れてしまいました。

膝からくず折れる形で倒れてしまい、そのまま立てなくなってしまったのと、

顔面蒼白はそのままなので、とにかく救急車呼んだ方がいい。

って事になって。

医者嫌いのじーさんが、救急隊員が来てくれるまでじっとトイレの前で横になってました。

観念したのか、それとも余程調子悪くて自分でも行った方がいいと思ったのか。

大人しくストレッチャーに乗せられ、救急車に乗ってくれました。

同居するずっと前にも倒れた事があって、その時はトイレに閉じこもって鍵をかけ、

何度と呼んでも出てこず、追い返したじーさん。

それを考えると、やっぱり体が辛かったんでそうね。

救急車の中で、色々聞かれても母も舞い上がってとんちんかんな事言ってるし。

ほんと、私がいる時でよかったなあってつくづく思います。

救急外来に入って1時間後、説明していただいたのは、

「検査したところ、これと言って悪いところはありません。

 お話聞いて思い当たるのは、下痢による脱水症状で血液がうまく心臓に回らなくなって、

 気分が悪くなったのかもしれません。

 なので今日はもう、帰っていただいて結構ですよ。

 月曜日あらためて、循環器外来を受診してくださいね。」

って。

はぁ~・・・、なんでもなくてよかったわ。

慌てて救急車なんて呼んじゃって・・・。

いつもは赤ら顔のじーさんの、あの真っ白な顔面蒼白を見たらば、

こりゃおかしい、なんかおかしいと思えてしまって。

点滴してもらって帰る頃には、いつもの赤ら顔に戻ってました。

「帰る?」

って足元見たらば、じーさんはだしのまんま。

あらやだ、慌てて出てきたので、じーさんの履き物まで頭が回らなかったわ。(汗)

看護師さんにその事を伝えると、

「介護用の自販機にスリッパが入ってますから、それならありますよ。」

ほほー、今はそんな自販機があるのね、大きい病院は違うねぇ。

スリッパ買って、会計済ませて、タクシー呼んで、家に帰ってくる頃には10時を回ってますた。

大騒ぎで大変だったけど、なんでもなくてよかった。

相変わらず気持ちが悪いようで、

「なんも、食いたくない。」

と言ってますが、タバコは吸いたいようで。

「気持ち悪くてご飯が食べれんのに、なんでタバコが吸えるの?

 タバコ吸ったら余計気持ち悪くなるでしょう、絶対ダメだからね。」

といい渡して、タバコを取り上げかくして、母に、

「ごはん食べたら、渡してやって。」

といい残して、今日も仕事なので出かけてきました。

ま、食べるもん食べてじっとしてゆっくりしてたら、何とか治ってくれるでしょう。
2014.11.16 Sun l 父の事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。