上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
3月に入ってから、(もっと前からかもしれないけど)言葉がトゲトゲ。
母と話す時は、たいがい怒り口調の私。
いけないと思っても、言葉足らずで一言多い母の言葉はいちいちムカつくので。
性が合わないって、ほんと辛い。
友達とか知り合いなら、つき合わなきゃすむ事だけど、そうはいかないもんだし。
はぁ~~~、なんだかなぁ・・・。
親以外にも、こんな風にトゲトゲしてしまってないか心配、言ってしまってないか不安。

3月は私の誕生月です。
どういう訳か毎年、ロクな事がない月。
早く4月にならないかなぁ・・・。

今年も案の定というかやっぱりというか、
1日のそれも早朝からから大変な事がありました。

私は朝食の前に洗濯を干したいので、5時には洗濯機をセットします。
もちろん、うちら夫婦の分だけ、あっちはあっちで洗濯してるので。
家事の中では洗濯が一番好きなので、早起きも苦になりません。
で、もう一度寝ます。(汗)
母は、いつもどおり5時20分頃起きてそのまま習慣の散歩に行って、
20分ほどで帰ってきます。
その母がいない20分の間にじーさん、やらかしてくれました。(泣)

じーさんう○ちをする時タイミングを逃してというか、間に合わなかったというか、
パンツ降ろすのが遅くてパンツに脱糞して汚してしまって。
まあ、間に合わないなんて事は年寄りだし、認知症だし仕方ない事だけど、
その後始末が許せない。
なんでそんな早朝にするんだよぉ、なんでばーさんいない時にするんだよぉ・・・。(泣)

粗相を隠したいというか、何もなかった事にしたかったというか、
じーさん洗面所に行って、回ってる洗濯機の中に、そのパンツを投入・・・。

散歩から戻った母に、じーさんがパンツの替えを出せと言ったので事が発覚。
二度寝に気持ちよく落ちていたのに、母にたたき起こされて・・・。
母が見に行って、一時ストップ押して開けたらしいけど、
私のお気に入りのデニムも、2人のパジャマも、買ったばかりの2人のヒートテックも、
気に入ってた靴下、下着、ぜ~んぶう○ちまみれで・・・。(泣)
なんでよりにもよって、そういう物が入ってる日にやってくれるんだろ・・・。

「気持ち悪いでしょ、全部捨てて買えばいいがね。」

なんて母は言うけど、気に入ってる物って取り返しつかないじゃん。
もう売ってないし・・・。
でも、旦那の大事なもん洗濯してなくてよかった。
泣く泣く燃えるごみの袋に詰めましたわ・・・、7キロ分の洗濯もの。
ううう・・・。

ボケてるとは言え、やっぱり許せないので、

「洗濯機は絶対触ったらいかんよ!!」

と、じーさんに怒鳴った私。
怒鳴ったって仕方ない事だし、じーさんやった事、もうすっぽり忘れてるし。

旦那も言ってたんだけど、不思議なのは、
最近の洗濯機って動いてる間はフタ開かないようになってるのに・・・。
どうやって入れたんでしょ、開いたとしてもいったん止まるはずだし、
どうやって、動かしたんでしょ?
また自分でスイッチ入れたって事?!
色々いじってる間に動いたのかしらん・・・。

母は、

「洗濯機なんて今まで一度も触った事ないから、できんはずだけど。」

なんて言ってたけど、・・・ほんと不思議。

誕生日の日、旦那と晩ごはんに行きました。
今更めでたくもないし、お祝いって訳じゃないけど、
まあ、こんな日くらいは、年寄り二人と別の空間で食事したかったし。

食事してる時に、やっぱり話は親の事。
旦那に、

「ボケ始めてから10年介護って言うから、これから先何年もの間、
 これ以上の大変な事が次々起こるぞ。」

と脅されて・・・。
そうなんだよね、まだまだ序の口なんだよね。

帰ってきて家の駐車場に入った時に、

「私、仕事終わってこうやって家に帰ってくると、もうげんなりしてきてさ、
 あの加齢臭がたっぷりたまった玄関開けるのが、もう、嫌で嫌で。」

と、泣き言を言ってしまった、それも自分の親の事なのに。

「そんな風に、思った事ない?」

「俺はそんな風に思った事ないよ、臭いはたまらんけど。」

「じゃ、よかった。もしそうだったら申し訳ないもん。」

旦那はうちの親の事、完全無視してる。
顔が合わないようにしてるし、会っても挨拶すらしない。
それでいいのかって思うけど、それならそれでいいんじゃないかなって思うし。
無理に合わせてもらって、夫婦の間に変な溝できるのも嫌だし。
やりたいように、してください。
一緒に住んでくれただけで、ありがたいんだもん。


 
友達の友達のお母さんはトイレで大きい方の用を足した後、
たまってるところに手を突っ込んでジャブジャブして遊んでたって。

「その手で持ったお茶碗を洗わなきゃって思うと、気持ち悪くてやりたくない。」

って、言ってたって。
聞いた事ある、自分ので遊んじゃう話。
トイレの壁とか、床に塗りたくって遊んでたって話。(恐)

自分の親も、そうなるんだろうか・・・。
先の事考えると、うすら寒くなってくる。



スポンサーサイト
2015.03.09 Mon l 介護 l top
午後からの予定が、認定員さんの都合で午前中になったけど、
今日は介護認定審査の日でした。
9時半頃、実家に到着。
母に、

「お父さんには言った?」

と聞いたら、

「はっきり介護認定の人が来るって話したよ。」

と言いました。

「私としては、お父さんがどれくらいなのか判断して欲しいから。」

私もそう思う。
一体今、父の状態がどれくらいなのかはっきり知りたい。

10時少し前、認定員さんが来ました。

私や母が、

「ご苦労様です。」

と言うと、父もベッドから起き上がりながら、

「ご苦労様です。」

って、挨拶して。
怒り出すんじゃないかって、心配したけど、
審査はすんなり進んで行きました。

受け答えははっきりしてるし、立ったり歩いたりも、
よろめく事もないし、表情もニコニコしてご機嫌な感じ。
強いて言えば聞かれた事に対する返事があいまいだったり、
記憶があいまいだったり・・・・かな。
どう見ても、普通。
異常行動の駐車場への日参も認定員さんは、

「いい運動になって、いいんじゃないですか。」

って言ってたし。
ただ時々、質問される事に対してふっと見せる
不機嫌そうな顔が印象的だったけど・・・。
とにかく人に指図される事が大嫌いな父。
そんな父の気持ち、私もよく分かる。
私もそうだから。

部屋もこぎれいに掃除してあるし、私や母の表情もにこやかで、
模範になる介護の家庭だそうで・・・。

母はとにかく、

「自分の自由になる日がひと月に一日か二日でいいから欲しい。
 だから、父にデイサービスに行って欲しい。」

って。

「あんたは来てくれたって、3時間4時間くらいでしょ。
 一日中は無理だし、あんまり頼むと申し訳ないし、
 サービスつかえたら、心おきなく出かけられるでしょ。」

って。
やっぱり、いくら私でも頼むと申し訳なく思っちゃうのかな。
一通りの質疑応答と、動作を見て、後々の説明をして帰られた。

認定員さんが帰った後すぐに父は、

「わしゃ、絶対行かへんぞ!」

と大きな声。
行かないって言うって分かってた。
でも今回はとにかく、父がどれくらいの介護の程度なのか
母も私も知りたかった、ただそれだけ。
2週間くらいで、判定が出るそう。
その後に、サービスセンターを見学したりできるらしいし。
多分いくら言っても、行ってくれないだろうけど。
本人がその気にならない事には、どうしようもないし、
無理強いして、かたくなになられても困るしね。

来年4月には更新の時期が来るので、
その時にまた、色々考えましょ。


2009.10.29 Thu l 介護 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。